自然派甘味料 有機アガベシロップ【RawDark】入荷!

2015.01.20 Tuesday

0

    有機アガベシロップ RawDark 330g

    48℃以下で加熱処理を行ったブルーアガベシロップです。
    加熱温度が低いためよりナチュラルなシロップを探している方にお薦めです。
    自然な「コク」と深みのある甘さで、後口もスッキリ。
    アメリカ、EUでロハス志向(自然・健康・環境保護)の天然甘味料です。
    ロウダークのGI値は、果糖と食物繊維の割合から「30」前後(低GI食品)で、
    甘みの特徴は黒糖のようなコクと深みのある甘さです。

    RawDarkはコーヒーにとても相性の良い甘味料です

    ※開封後は冷暗所にて保管して下さい

    【 製造工程 】
    アガベの株を粉砕・圧搾 → ろ過 → 48℃で加熱 → 容器に充填
    ⇒ 金属検出器で検査(Fe 0.8mm、SUS 1.2mm)

    低GI食品
    GI(グリセミックスインデックス)値とは、食後の血液中の血糖上昇の程度を、食品ごとにヒトで測定したものです。数値が低いほうが血糖値が上がらないの で、インスリンの分泌も少なく、太りにくいと言われています。
    一般的な甘味料はGI値が高いのに対して、アガベシロップは血糖上昇指数がリンゴより低く、適度に穏やかに血糖値をあげることから、理想的な甘味料として注目されています。
    また砂糖の1.3倍の甘さもあることから使用量が25%ほど少なくて済みますからカロリーも控えられます。
    現代の健康志向を重視したライフスタイルに適した甘味料として、様々な分野で注目されています。

    GI値とは
    血糖上昇指数のことを指し Glycemic Indexの略称です。食品の炭水化物50gを食べた後の、血糖値を測定した値で、ブドウ糖を100とした相対値のことです。
    アメリカ合衆国では、GI値 55以下の食品を低GI食品として定義して、栄養指導しています。同じカロリーでも、低GI値の食品を選んで食べることにより、血糖値の過剰な上昇と、イ ンスリンの過剰な分泌を抑えて、糖尿病や肥満になりにくい健康的な食生活に役立ちます。

    安全安心の有機認証を各国で取得
    ブルーアガベシロップは日本での有機JAS認証をはじめアメリカ、EU,ドイツなどでも有機認証を取得しています。畑から原料の加工、ボトル充填まで全て有機認証を取得しており徹底した品質管理を行っております。

    欧米のアガベブーム
    最近の欧米でのオーガニックやマクロビ食のブームによりセレブ御用達によりヘルシーなイメージになったアガベシロップ。ミスユニバース、モデルなど愛用者急増中のようです。

     
    コメント
    コメントする