無香ココナッツオイル入荷しました!

2016.05.15 Sunday

0

    「セシル・無香ココナッツオイル」入荷しました!


    スリランカ産のココナッツから低温圧搾で抽出したオイル。
    無香タイプなのでココナッツの香りが苦手な人でも料理に使える。
    中佐脂肪酸61.3%(内ラウリン酸46.5%)。化学薬品は一切使っていない。
    380g

    2,400(税別)

    無香で、熱に強い油なのでどんな料理にも合わせやすいです。
    炊飯前に入れて炊き込むと、簡単にMCT(中鎖脂肪酸)入りご飯ができますよ!










    「セシル・オーガニック・バージン・ココナッツオイル」


    「教訓のススメ」(フジテレビ系列)で取り上げられました!
    テレビで話題!豊富にMCT(中鎖脂肪酸)を含むココナッツオイル!

    • 順天堂大学白澤教授著の「アルツハイマーの改善&予防に! ココナッツオイルでボケずに健康―1日大さじ2杯から 太りにくい! アンチエイジング効果も! (主婦の友生活シリーズ) 」で 雑誌、テレビで話題のココナッツオイルに真打登場!!
    • MCT(中鎖脂肪酸)は、通常の脂質とことなる吸収経路で、すみやかに脳のエネルギーに!
    • MCTの性質を認知症研究の権威、白澤卓二教授が日本に紹介し話題に!
    • 自然界で最も豊富にMCT(中鎖脂肪酸)を含む植物がココナッツオイル!
    • 欧州ではナチュラルフルーツ加工品、スパイスのメーカーとして親しまれているCBL Natural Foods(PVT) Lid.製!
    商品説明
    MCTは、通常の脂質とことなる吸収経路で、すみやかに脳のエネルギーになります。 そのMCTの性質を認知症研究の権威、白澤卓二教授が日本に紹介しテレビで話題に! そして、自然界で最も豊富にMCTを含む植物がココナッツオイルです。 スリランカ産バージンココナッツオイル「セシル・ココナッツオイル」が日本初上陸!! 欧州ではナチュラルフルーツ加工品、スパイスのメーカとしてしたしまれているCBL Natural Foods(PVT) Lid.製 CBL Natural Foods(PVT) Lid.は、100年以上の歴史があります。 HACCP認証を受けたISO22000準拠の衛生管理の行き届いた工場で、USDAオーガニック、有機JAS、EUオーガニックを満たすココナッツを原料に製造。 ヴァージンオイル:有機溶媒を一切使用しない低温圧搾法(コールドプレス)で採取、非加熱のためRAW FOODプロダクトとしてご使用いただけます。
    ※MCT:中鎖脂肪酸


    原材料・内容量
    原料:100% RAW低温圧搾ヴァージンココナッツオイル
    内容量:460g

    成  分
    100g当たり、中鎖脂肪酸は62.4g
    内訳
    カプリル酸9.2g
    カプリン酸6.0g
    ラウリン酸47.2g

    ラベルおよび名称変更のご案内
    変更の内容として、エクストラバージンオイルの「エクストラ」という文言をなくしました。 ココナッツオイルにはオリーブオイルのような「エクストラ」の規格がないため、 「ココナッツを原料とし化学的な方法や高熱での処理を行わず他の性質の油を一切含んでいないもの。」 という意味の「バージンオイル」のみといたしました。内容成分に関しては一切ご変更ありません。 ご安心してご使用ください。

     ご注意 
    脂肪は大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されますが、バージンココナッツオイルは飽和脂肪酸が90%以上を占めています。この飽和脂肪酸は低温で固形化する特徴があり、これが酸化に強い証明にもなっています。そのため液状のバージンココナッツオイルを約20℃以下の場所に保管しておくと固形化が始まり、逆に固形状のオイルを約25℃以上の場所に置いておくと液化が始まります。その中間の気温の時期はクリーム状の半固体になっています。

    JUGEMテーマ:お知らせ
    コメント
    コメントする